2018年10月10日~12日 ホテル&リゾーツ長浜

ユーザ用ツール


スコープ

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

スコープ [2014/01/28 02:20]
kuno 作成
スコープ [2014/01/28 02:21] (現在)
kuno
ライン 3: ライン 3:
  
  この目的を実現するために論文としては,  この目的を実現するために論文としては,
-  ​1. 高いオリジナリティ +  ​-高いオリジナリティ 
-  ​2. 内容の殆どは既発表であるが,本シンポジウムで討論する価値がある +  ​-内容の殆どは既発表であるが,本シンポジウムで討論する価値がある 
-  ​3. 通常の論文のような完成度はないが,本シンポジウムで討論する価値がある+  ​-通常の論文のような完成度はないが,本シンポジウムで討論する価値がある
 のいずれかを満足するものを対象とします. のいずれかを満足するものを対象とします.
  
スコープ.txt · 最終更新: 2014/01/28 02:21 by kuno

サイト用ツール