2018年10月10日~12日 ホテル&リゾーツ長浜

ユーザ用ツール


招待講演・スペシャルセッション

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
招待講演・スペシャルセッション [2018/02/07 16:50]
tanikawa
招待講演・スペシャルセッション [2018/08/21 10:39] (現在)
tomioka [「二次元層状物質の最前線」]
ライン 1: ライン 1:
-====== 招待講演・スペシャルセッション ====== +===== 会期および会場 ​===== 
-順次公開予定 +  ​*会期:2018年10月10日(水)~12日(金) 
-<​html>​ +  ​*会場:ホテル&ツ長浜(滋賀県長浜市)
-<!-- +
-====== プレナリー講演 ======+
  
-•纐纈 明伯(農工大)\\ +===== プログラム等 ===== 
-  窒化物半導体のHVPE\\+ <​html><​!-- 
 + ​*{{ems36cfp.pdf|Call for Papers(PDF)}} 
 +  *{{ems36ap7.pdf|Advance Program(PDF)}} 
 +--></​html>​
  
-====== 一般セッション ======+=====プレナリー講演===== 
 +•荒川 泰彦(東大)\\ 
 + ​ 量子ドットフォトニクスの発展~基礎研究から実用化まで~\\
  
-===== 招待講演 =====+=====一般セッション===== 
 +====招待講演==== 
 +•押山 淳(名大)\\ 
 + パワー半導体へのコンピューティクス・アプローチ:窒化物成長と炭化ケイ素界面同定\\ 
 +•熊谷 義直(農工大)\\ 
 + ハライド気相成長法によるβ酸化ガリウムエピタキシャルウェハの開発\\ 
 +•白石 誠司(京大)\\ 
 + オーソドックスな半導体とエキゾチックな半導体を舞台にしたスピン流輸\\ 
 +•谷川 智之(東北大)\\ 
 + 多光子励起過程を用いたGaN結晶の三次元蛍光イメージング\\ 
 +•林 好一(名工大)\\ 
 + 蛍光X線ホログラフィーによる電子材料ドーパントの構造評価\\ 
 +•美濃浦 優一(富士通研)\\ 
 + 高出力GaN HEMTの開発(仮)\\
  
-•安藤 康伸(産総研)\\ 
- ​ 情報科学は材料科学を効率化できるか?~マテリアルズ・インフォマティクスあれこれ~\\ 
-•和泉 輝郎(産総研)\\ 
-  RE 系高温超電導線材の開発 -萌芽から現在そして今後-\\ 
-•岩本 敏(東大),太田 泰友(東大),高橋 駿(東大),田尻 武義 (東大),荒川 泰彦(東大)\\ 
- フォトニック結晶による発光制御と最近の進展\\ 
-•竹内 哲也(名城大),岩谷 素顕(名城大),上山智(名城大) 
-,赤崎勇(名城大,名大) \\ 
- ​ 窒化物半導体における新しい導電性制御:トンネル接合と分極ドーピング\\ 
-•冨谷 茂隆(ソニー),蟹谷 裕也(ソニー),丹下 貴志(ソニー)\\ 
- ​ 化合物半導体におけるナノスケール構造解析\\ 
-•長汐 晃輔(東大)\\ 
- ​ 2次元原子層半導体における層状ヘテロ界面の理解と制御\\ 
-•浜屋 宏平(阪大)\\ 
- ​ ゲルマニウムスピントロニクスの最近の進展\\ 
  
-====== スペシャルセッション ​====== +=====スペシャルセッション===== 
-====「電子材料で加速する車」==== + 
-エレクトロニクスの最先端技術はあらゆる分野投入されていまが,現在最も急速に進んでいのが自動車と言っていいでしょう.今特自動運転注目を集めていますが,エンジンの電制御やインパネやライトのLED化のほか,現在の車は集積回路やセンサー群の塊ですでに電気で動いていと言っても過言ではありません.そして,動力源すら電気モーターへと転換す時代目前にしす.今回のスペシャルセッションでは,現在自動車を支え安全とエコロジー性を両立させながらの進歩を加速する電子材料について,その最端のトピックスを多方面から紹介いだく予定です.+====「二次元層状物質研究の最前線」==== 
 + 
 + グラフェンする研究ノーベル賞を受賞たガイムらより,2013年にファンデルワールス(vdW)ヘテロ構造提案されています.原レベル完全平坦な界面を得られ物質はグラフェンだけではありません.遷移金属ダイカルコゲナイド(TMDC)や黒燐など多彩な特性を持つ物質系がありま.vdWヘテロ構造は,それらの異な特性有する原子層が自由に構成される量子構造より新しい現象を見出そうとする壮大な構想です.スペシャルセッションでは二次元層状物質の最前線として基礎から結晶成長光物してデバイス応用まで幅広分野でご活躍されいる生方をお迎えし,vdWヘテロ構造による新機能デバイ創成の可能性議論しいと思います.
  
 ====チュートリアル講演==== ====チュートリアル講演====
-磯部 良彦デンソー) \\ +町田 友樹東大)\\  
- 自動車化の歴史とデバイス進化\\+ 二次元結晶ファンデルワールス接合作製と複合原層科学へ展開\\ 
  
 ====招待講演==== ====招待講演====
-加地 徹大)\\  +上野 啓司埼玉大)\\  
-   車載パワーデバイス現状と将来\\ +  ​二次元層状薄膜ヘテロエピタキシャル成長\\  
-佐藤 隆芳小糸製作所)\\ +河野 行雄東工大)\\  
-   車載照明技術の現状とレーザーの応用\\ +  ​ナノカボン材料によるテラヘルツデバイス・計測:物質・バイオ分析への応用(仮)\\  
-田 淳夫大)\\  +田 一成大)\\  
-  蓄電池材料進展今後\\ +  原子層二次元半導体および人工ヘテロ構造光科学その応用に向けて(仮)\\  
-====== ランプセッション ​====== + 
-===== 「研究をビジネスにつなげよう」 ===== +=====ランプセッション===== 
-研究発表その背景を説明する時, 成果の応用先・出口について言及すと思いまが, 開発段階は, 出口をさらに明確し,​ ビジネスを意識する必要ます. 今回ランプセッションは, こことを見据えなが, 今行っている研究を産学連携やビジネスと実際に結びつけるために何ができるか,​ 何が必要かについて研究とビジネスで経験持つパネラーととも議論していきたいと思います.+ 
 +====「儲かってまっせ!元気な化合物半導体ビジネス」==== 
 + 
 + 日本の半導体,元気いようですが,儲かって化合物半導体ので!プロジェクター用大盛り上がりのGaN系レーザーダイオード,iphoneXの顔認証大活躍VCSEL,携帯電話基地局のキーデバイスGaN HEMT,そしてあゆるモーターに搭載されているホール効果素子,元気な化合物半導体デバイスのビジネス最前線について,企業の研究開発の方を中心お呼びしています.さあ,儲かる秘密は何か?
  
 ====オーガナイザー==== ====オーガナイザー====
-片山 竜二阪大),三宅 秀人三重大)\\+乙木 洋平サイオクス),須田 淳大)\\
  
 ====パネラー==== ====パネラー====
-一本松 正道創光科学)\\ +小山 二三夫東工大)\\ 
-乙木 洋平サイオクス)\\ +長濱 慎一日亜化学)\\ 
-堂免 恵湧志創造)\\ +上之 康一郎旭化成エレクトロニクス)\\ 
-西川 敦ALLOS Semiconductor)\\ +八巻 史一SEDI)\\
-•森 勇介(創晶・阪大)\\+
  
 【順不同敬称略】 【順不同敬称略】
---> + 
-</​html>​+
招待講演・スペシャルセッション.1517989814.txt.gz · 最終更新: 2018/02/07 16:50 by tanikawa

サイト用ツール