ユーザ用ツール


サイドバー

過去のEMS
EMS賞歴代受賞者
EMS35(守山市)
EMS34(守山市)
EMS33(伊豆市修善寺)
EMS32(守山市)
EMS31(伊豆市修善寺)
EMS30(守山市)
EMS29(伊豆市修善寺)
EMS28(守山市)
EMS27(伊豆市修善寺)
EMS26(守山市)
EMS25(伊豆の国市)
EMS24(松山市)
講演のご案内

講演のご案内

招待講演・スペシャルセッションにてご講演の方へのご案内

  • 招待講演
  • チュートリアル講演
  • スペシャルセッション

にてご講演頂く方々につきましては,こちら をご覧下さい.

一般講演の方へのご案内(ショートプレゼンテーション+ポスター)

ポスターやスライドの記述言語,発表に用いる言語

主張が明確に表れ,見た人が理解しやすいようにという観点で, 日本語で書くことを推奨いたします. もちろん,英語で書いていただいても結構です. ただし,本文が日本語であっても,図の横軸と縦軸および図中の凡例等は英語で書くことが望ましいです.

口頭発表(ショートプレゼンテーションなど)で用いる言語は,原則として日本語といたします.

ショートプレゼンテーションに関するお知らせ

  • 見やすさの向上,効率的な進行を目的として,今年度も,液晶プロジェクターによるショートプレゼンテーションを実施します.
  • 効率的な進行をするために,あらかじめスライドをPDFファイルにして提出していただきます.
  • 下記の点にご注意の上,スライドのPDFファイルをご準備下さい.

『スライドPDFファイルの準備』

提出していただくPDFファイルについて  

  • A4横 カラー で 最大4ページ までとしてご準備下さい.
  • Adobe Reader XI(全画面表示モード)でXGAプロジェクターで投影します. 
  • サイズは3MB以下に収めて下さい.
  • 【重要】 円滑な進行のためスライドファイルは全て連結して使用しますので,編集可能なようにファイルのセキュリティは「変更不可」 に設定しないでください.

円滑な進行のため,1枚目に必ず 講演番号,講演タイトル,所属,著者 といった情報を記載して下さい.

ショートプレゼンテーションは例えば以下のように,3~4ページを目安に作成頂ければ幸いです.

  • 1枚目 講演番号,講演タイトル,所属,著者
  • 2枚目 背景,目的,方法
  • 3,4枚目 実験結果,考察

『スライドPDFファイルの提出』

論文投稿の際と同様,ユーザーIDとパスワードにてログインして頂きますと, 論文名の一番下にスライドをアップロードできるメニューがあります. 対応する論文ごとにショートプレゼンテーションのファイルをアップロードして下さい.

締め切りは 10月31日(火) です. ご協力をお願い致します.

ご質問は ems36-query[at]ems.jpn.org ([at]を@に変えてください)まで

PDFファイルが正しく読み込めるかをチェックした後,2017年11月2日(木) までに確認の連絡を差し上げます.確認の連絡を得られなかった方,社内審査などの事情により提出期限に間に合わなかった方は,学会当日電子データかスライドを印刷した紙を持参していただき,プロジェクターまたは書画カメラによる発表となります.

『スライドPDFファイルの取り扱い』

お預かりしたPDFファイルは論文委員会,実行委員会,および監督下のアルバイトの中で限られた者だけが扱うようにいたします. PDFファイルは学会終了後,論文委員長の責任でパソコン,USBメモリ,サーバー上から全て削除いたします.

社内規定などで発表資料を外部に預けることが困難な場合は,学会当日電子データかスライドを印刷した紙を持参していただき,プロジェクター書画カメラによる発表となります.

ポスターについて

  • 十分な議論ができるよう,会期中はできるだけ長い間ポスターを掲示下さいますようお願いします.
  • ポスターの作成にあたっては,下記の点にご注意ください.
    1. 大きさはA0版縦長(ポートレート)1枚の大きさ (縦118.4cm×横84.1cm ) です.
    2. 詳しくは ポスターパネル のページを参照してください.
講演のご案内.txt · 最終更新: 2017/10/11 11:23 by tomioka

サイト用ツール