2018年10月10日~12日 ホテル&リゾーツ長浜

ユーザ用ツール


ems31

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

ems31 [2015/06/30 08:09] (現在)
rtkouno 作成
ライン 1: ライン 1:
 +===== 会期および会場 =====
 +  *会期:2012年7月11日(水)~13日(金)
 +  *会場:ラフォーレ修善寺(静岡県伊豆市)
 +
 +===== プログラム等 =====
 + <​html><​!--
 + ​*{{ems24-cfp.pdf|Call for Papers(PDF)}}
 +  *{{ems24-ap.pdf|Advance Program(PDF)}}
 +--></​html>​
 +=====プレナリー講演=====
 +•朝日 一 (阪大)\\
 + 分子線エピタキシ法と新半導体,光デバイスの創製\\
 +=====一般セッション=====
 +====招待講演====
 +•小森 文夫(東大)     エピタキシャルグラフェンの電子状態\\
 +•大川 和宏(東京理科大)  窒化物光触媒による水素エネルギー生成:\\
 +              半導体光電極による酸化還元反応\\
 +•東脇 正高(情通機構)   酸化ガリウムトランジスタ\\
 +•水落 憲和(阪大)     ダイヤモンドを用いた量子情報素子\\
 +•久世 直洋(旭化成エレ)  ​ 非冷却InSb系量子型赤外線センサとその応用\\
 +=====スペシャルセッション=====
 +
 +====「半導体ナノワイヤの新展開 -見えてきたデバイス応用-」====
 +
 + 「ナノ」が世間一般にも理解されるようになって久しく,電子材料の分野においては半導体超格子構造をはじめ,数多くの実用化に結びついた技術がある.近年では「ナノワイヤ・ナノコラム」の研究が活発であり,その実用化が期待されている.今回のスペシャルセッションでは,ナノコラム・ナノワイヤの形成から,その物性などの基礎からデバイス応用の現状と将来展望について,国内のナノコラム・ナノワイヤ研究の第一人者の方々を招いて,紹介していただけるセッションとして企画しました.ご期待下さい.
 +
 +====チュートリアルレクチャー====
 +•福井 孝志(北大)      半導体ナノワイヤデバイスの現状と将来展望\\
 +
 +====招待講演====
 +•岸野 克巳(上智大)     窒化物ナノコラムの成長とデバイス\\
 +•深田 直樹(物材機構)    Si, Geナノワイヤへの不純物ドーピングと評価\\
 +•柳田 剛 (阪大)      金属酸化物ナノワイヤの創製とメモリスタ素子への展開\\
 +
 +=====ランプセッション=====
 +
 +====「エネルギー問題を解決する材料・デバイス」~若手中心の放談会形式~====
 + 産業の発展は,人類に豊かさと便利さを与えた一方で,エネルギーを大量に消費する社会へと転換させた.この先,持続可能な社会を築くためには「エネルギー問題を解決する材料・デバイス」の提案が必須である.未来を担う若手が明るい未来を描くためにも,持続可能な社会の構築が避けて通れない問題である.EMS-31では,若手が意識を高める場を提供し,EMSならではの若手中心の議論を活性化させ,この問題に真正面からアプローチしたいと考える.今回のランプセッションでは,「放談会形式」を採用し,いつ,いかなる質問も可能なセッションとした.是非,多くの若手がEMS-31に参加し,明るい将来のためにも,このランプセッションを盛り上げていただきたい.
 +
 +====オーガナイザー====
 +•若原 昭浩(豊橋技科大),鍋谷 暢一(山梨大),山口 智広(工学院大),\\
 + ​岡田 成仁(山口大),大島 孝仁(東工大)\\
 +
 +====パネラー====
 +•杉山 正和(東大),山田 明(東工大)
 +
 +【順不同敬称略】
 +
 +===== 組織 =====
 +  *[[EMS31実行委員会|実行委員会]]
 +  *[[EMS31運営委員会|運営委員会]]
 +  *[[EMS31協賛委員会|協賛学会]]
 +
  
ems31.txt · 最終更新: 2015/06/30 08:09 by rtkouno

サイト用ツール